ChartBook

トレード検証アプリ

アップデート履歴

v5.6.6

・オシレータを重ねて表示できるようにしました。
 対象となるオシレータはレベルの範囲(例えば0-100)が同じものです。
・チャンネルの中央線を表示する設定を追加しました。
・日程変更(3月のFOMCと日銀政策金利)に対応しました。

v5.5.6

f:id:shunoted:20200304103321p:image

・トレンドラインのマグネット機能とローソク足のクローズアップ機能を追加しました
・オシレータを2つまで表示できるようにしました
・加重移動平均(WMA)を追加しました
・エンベロープを追加しました
・オシレータCCIを追加しました
・オシレータTDIを追加しました
・MACDのパラメータ最大値を200までに増やしました
・チャンネルの平行コピー機能を追加しました
・2020年2月分のデータ追加

 

 

その他の細かい変更として、iPhone版の縦画面で削除ボタンの位置を左上に変更しました。マグネット機能で吸い付くのはライン系のみです。「✖️↓↑」は吸いつきません。

 

v5.1.0

・時間足を変更したときのラインを消さないようにしました。

※最終データより右側に図形を置くことはできません。チャートデータは為替は週1、先物は月1で追加しています。

f:id:shunoted:20200206133107j:plain

 

v4.9.8

・十字線を同期する設定を追加しました。設定→表示設定

・iPad横画面で2分割表示できるようにしました。

・時間足を切り替えた時に15分前後しないようにしました(再生単位1分の場合)

・2019年12月分のデータを追加しました。

f:id:shunoted:20200109081738p:plain